燈明堂 Tomyodo <旧灯台>

訪問日

2015/3/14

横須賀市指定史跡である。

 燈明堂は神奈川県横須賀市の浦賀港入り口にあたる燈明崎の先端に、1648年(慶安元年)江戸幕府が創設した和式灯台である。

 1869年(明治2年)、日本初の洋式灯台である観音埼灯台が建設されたことによって、燈明堂はその使命を終え、1872年(明治5年)に廃止となり、その後崩壊して石垣のみが残された。1988年に横須賀市は燈明堂の復元に取り掛かり、1989年3月に復元工事は完成し、復元された燈明堂とその周辺は現在は公園として整備されている。